秋まつり

きょうは秋まつり。おみこしをかついでみんなでわっしょい!
元気に町内を練り歩きました。

ちべん保育園のおみこしは、「だるまみこし」です。つらいこと、苦しいことがあっても七転び八起き、そんなたくましい心を育てて欲しいとの願いをこめて前園長、櫻井貴美恵先生が今から40年ぐらい前に作られたものです。保護者の中には、おみこしを見て子どもの時にかついだのを思いだし、なつかしく思ったかたもおられてたようです。
「だるまみこし」の他、「たいこみこし」、「花がさみこし」があります。すべてのおみこしは、子どもたちが持ちやすいサイズの角材を組み合わせてできていますが、結構重たいものです。途中でかつぐのを交代して進んでいきます。以前は、地元の秋まつりの期間、3日間にわたりおみこしをかついで町内を練り歩いたものですが、町内を走る車が増えてきたこともあり、今では1日、午前中だけとなりました。
子どもたちの元気なわっしょい!という声を聞いていると、今年も秋が来たな、という気持ちになります。

関連記事

  1. お誕生会

  2. 夏まつり

  3. 七五三

  4. カッキー来園

  5. 運動会2022

  6. スイカ割り大会

PAGE TOP